FC2ブログ

アオシマ1/24 AE92カローラレビン ②

今日はタミヤ/トレノからアオシマ/レビンへパーツを移植していきます^^



この2台、メーカーも発売年もまったく違うのにボディーサイズがほぼ同寸法なんです!
こんなことってあります!?ですが好都合^^

IMAG2544.jpg

なのでこんな方法で。

タミヤ/トレノの赤枠部分を精密ノコで切り取っていきます。

ちなみに、前回はジャンクのタミヤ/トレノを使用したので躊躇なかったのですが、今回依頼者が用意してくださったのが程度極上の新品(;゜0゜)

これはこれで部品取りに使うのは気が引けますが、やっちまいます!

IMAG2545.jpg

で、こんな風に切り離し廃車になりました。

リアバンパーはボディーとの境目で丁寧に切り取り、サイドステップは精密ノコでは正確に切り離しにくいので大き目に切り取っておきます。

IMAG2547.jpg

それを卓上にベタ置きして、サイドステップの境目を筋彫り様にケガキ針で何度も筋入れ後デザインナイフで切り離しました。

このあと、アオシマ/レビンのステップ位置のデッパリを削り落してから擦り合わせ(汗)

少しずつチマチマと細かい作業ですが、ここ丁寧にやっておくと後が楽なので時間掛けます^^;

IMAG2551.jpg

それから接着。
どういうわけかぴったり同寸で収まります(;゜0゜)

時間掛けて擦り合わせたおかげで隙間なく接着できましたので、サフのみで仕上げれそうです^^

それとキットにないサイドモール。
0.3mmプラバンを1.7mm幅に細切り(先に幅のセンターにケガキ針で筋入れしてから)、フロントバンパー~リアバンパーのモールのラインに合わせてマスキングテープを貼ってガイドにして接着します。

あとでセンター溝は深く掘り直します。

IMAG2548.jpg

ボンネットのエアダクトは、じっくり位置決めできたら鉛筆で輪郭をマークしておいて接着代の内側をくりぬいておきます。

IMAG2552.jpg

で、全て接着しました。
今回は最初からマッドガード有りなので、タミヤ/トレノのバンパーごと移植、思った通り擦り合わせ後当てがってみるとほぼ同寸・・・

熱湯(80°くらい)に浸して拡がりを調整して接着しただけでこの通り・・・もう金型パクったんかな?とさえ思えてしまいます(-_-)

おかげてマッドガードも違和感なく再現できるからイイのですが。

IMAG2554.jpg

ボディー調整前に一発サフ吹きしました。

IMAG2553_1.jpg

シャーシとも合体させて。雰囲気出てきました^^

この後おかしなところはないかじっくり見ながら、塗装前のボディー調整していきます。

というわけで、今回はここまで( ̄^ ̄)ゞ























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR