FC2ブログ

アオシマ1/24 AE92カローラレビン

4905083098240.jpg

年末で忙しく作業が進まないので、90%完成していたコレを完成させてやりました。

この車にも思い入れがあり、自分が20代前半だったころ当時アルトワークスに乗っていたんですが、このAE92レビンが欲しくて欲しくて・・・ローンの頭金でも貯めようと、深夜に家近くの中華料理店でバイトまでしました(;゜0゜)
バイト・・折からの浪費癖のせいで頭金など貯まるはずもなく、半年ほどで辞め購入はあきらめたのでした(;_;)

模型はというと、数年前にタミヤの92トレノとフジミのソアラを2個1からのセミスクラッチで製作しようとか思ってキットは買っていたのですが、今年春にそのものが発売されたので迷うことなく購入~製作したわけです。

IMAG2310.jpg

自分には急ピッチの2か月ほどでほぼ完成。
どういうわけか、レース車両で発売されていますので市販車にするにはそれなりに改造が必要でした(´・_・`)

大多数の方が考えるであろうですが、もう用意していたタミヤの92トレノからボンネットエアスクープ・ドアミラー・内装一式・ボディーから切り取ってサイドステップを移植。ワイパーはジャンクパーツより、サイドモールは細切りプラバンでそれっぽく追加などなど。
製作イメージはライトチューンの走り屋仕様。

AE92 レビン

車高は下がり過ぎなので、好みに上げ加工。当時っぽく16インチメッシュホイールに交換、トレッドもツライチ調整してあります。

IMAG2317.jpg

IMAG2312.jpg

IMAG2319_1.jpg

なにわナンバーのデカール・・・ないんですよね(ノ_<)

IMAG2313.jpg

マフラーはジャンクパーツ砲弾マフラーに・・・大口径すぎ(汗)
ステッカーチューンなんかもしてる感じに。

IMAG2316.jpg

内装もそれっぽい感じで。

IMAG2320_1.jpg

で、なにが完成に至ってなかったかと言うと、リアのマッドガード。
無しでもイイかな・・などと思っていたけど、当時のトヨタ車には必須アイテム?最近になって、プラバンで製作して取り付けました(^_^)
でも、後付け感が気になる・・・また気が向いたらパテ埋め~部分塗装するかな、

いちおう、99%完成ということにしときます(^∇^)












スポンサーサイト

バンダイ 亀仙人のワゴン車



亀仙人のワゴン車です。

箱イラストに惹かれて前々から気になっていたのですが、とうとう買ってしましました^^;
開封して、さすがバンダイ!ガンプラのように1枚のランナーに多色成型されています。

IMAG2273.jpg

で、さっそく仮組みしてみました。
想像はしていたのですが、小さい・・(゚д゚;) ふだん1/24メインで製作しているのでよけいに小さく思えてしまします。
いったいスケール的にどれぐらいだろう?と考察してみます。
このモデルの実寸が長さ5.9cmx幅3.1cmx高さ3.5cmです。箱イラストのキャラクターのサイズ感から今の軽自動車くらいの大きさかなと。だとすると、軽自動車の規格サイズが長さ3.4mx幅1.48mx高さ2.0m以内ですので1/57スケールくらいになります。
ただし、このスケールだと車高が軽の規格オーバーなんで1000ccクラスのエンジンを積んだ普通小型車という感じですか。

まあ、架空の車なのでそんなこと考えてもアレなんで、少しディテールアップしつつ組み上げていきます。

IMAG2275.jpg

じつはドラゴンボールはほとんど読んだことも、アニメを見たこともないのでキャラクターレスで製作します。
まずは内装、フィギュアの位置決め穴などうめるべく不要箇所を切り取りました。

IMAG2276.jpg

プラ板でそれっぽく一部作り足して、前席穴はタミヤのポリパテで埋めました。

IMAG2278.jpg

外装リア側は、リアガラス部分とテールランプ部分をくり抜き、手持ジャンクパーツからクリアーパーツを製作しました。

IMAG2279.jpg

ボディー色も変更、あまり塗料のスカイブルーにホワイトをたして明るめの水色に。

エアブラシでマスキングしては吹きを繰り返し塗装しました。細かくて結構手間がかかります(ノ_<)

IMAG2298_1.jpg

組み立ては数分で完成です。IMAG2300_1.jpg

IMAG2305.jpg

IMAG2301_1.jpg

テールランプをクリアーパーツにしたんですが、なんか普通の車っぽくなってしまいました(;゜0゜)

IMAG2302_1.jpg

内装もカンタンに塗り分けでそれっぽく。

IMAG2304_1.jpg

アンテナも太すぎなのでジャンクパーツで置き換えました。

3~4日で完成できたお手軽モデルでした^^





フジミ1/24 フォルクスワーゲンゴルフⅠ②

今日はボディーの研ぎ出しをします。

IMAG2238.jpg

エアブラシで塗装したものの、ブラシの調子が悪くけっこうなゆず肌になっています(ノ_<)

IMAG2237.jpg

研ぎ出しにいつも使っている「クレオス 研ぎ出しクロス」でまずゆず肌を消しにかかります。
角がでにくい!のうたい文句通りペーパー掛けできるのであまり気を使うことなく作業できます^^
色で番手が違うので、ピンク(#1000)→ブルー(#2000)→アイボリー(#3000)の順で水研ぎしていきます。
ここでしっかりゆず肌を消しておくと後の工程が楽になります。

IMAG2239.jpg

つぎに、前工程でできたペーパー傷を消しにかかります。

こちらもいつもの「タミヤコンパウンド」3種類、粗目→細目→仕上げ目の順でしっかり磨いていきます。

仕上げ目は、艶出し目的なので力をいれず軽く磨きます。

IMAG2267.jpg

研ぎ出し完了です。
超鏡面!とまではいきませんが、て言うかできません!自分、この地味な作業が嫌いでもう少しやれば?くらいでOKとしてしまいます(。-_-。)
なので、モールなどの凹部分とか映り込みが歪んでたり・・・・

IMAG2269_1.jpg

そんなことよりココ、フェンダー加工のとき丸まってしまってたのを見ないふりして進めてきたのですが・・(-_-)

IMAG2268_1.jpg

反対側のほんとはこう、角ばっています。
ここまできて、やっぱり見過ごせなく思いリカバーしましょう( ノД`)

IMAG2270_1.jpg

直線になるようにヤスリ掛けしておいて、0.5mmプラバンで角を注ぎ足し。ゼリー状瞬間接着剤で裏打ち補強しておきます。


IMAG2271_1.jpg

ボディー同色でタッチアップの要領で筆塗り、乾燥後クリアーも筆塗り。
補修部分のみ研ぎ出して完了。 なんとか許容範囲にはリカバリーできました( /ω)

ということで今回はここまで。












フジミ1/24 フォルクスワーゲンゴルフⅠ ①

IMAG2235.jpg

こちら現在製作中のゴルフⅠです。
古いモデルでバリやらパーティングラインがすごいのですが、スタイルは良さげです。
この車、まだ自分が数十年まえ高校生のころバイト先の先輩の愛車がこれの水色で、
よく助手席に乗せてもらい遊びに連れて行ってもらった思い出があります^^
当時、この先輩にさんざんゴルフⅠの良さを擦りこまれた結果、いまでも大好きな車の一台になってますヽ(≧∀≦)ノ


IMAG2236.jpg

で、すでシャーシと足回り、ボディーの塗装まで済んでいます。
もちろんボディーは水色です(゚∀゚) Mrカラーのスカイブルーにライトグレーとホワイトを少量ずつ加えて調色してます。

キットのパーツを使ってオーバーフェンダーは叩きだし風に、サイドモールはいったん埋めて細切りプラバンで作り直しています。

足回りは好みの車高までダウン加工して他キットのハヤシストリートホイールを流用、ツライチまでトレッドも広げてます。
まあ、ボディー色以外は当時のとはまったく違う仕様ですが・・(´∀`*;)ゞ

しばらく完成めざしてこれを作り進めます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR