FC2ブログ

HIDバーナー交換

自分の車、¥980円の超激安バーナーを付けていたんですが、右側のほう1か月もたたないうちにチラついて消灯の不具合が発生!
再点灯できるものの、うっとおしい(♯`∧´) 
なんだったら、6000Kのわりに暗くて視認性もわるいので交換しました。

IMAG1.jpg

近くのホームセンターで¥3500という安さにつられてこちらを購入。
ミラーリードのGWLプレミアムホワイト6000Kなるバーナーです。 結局安さで選んでしまってますが、いちおう日本のメーカー1年保証付きなので、数か月で不具合が!?なんてことはないでしょう(-_-)

IMAG2.jpg

RB1-2オデッセイのバーナーはD2Sなので遮光カバーは取り外しておきます。

IMAG3.jpg

事前にヘッドライトを外さずにバーナー交換する方法を調べると作業スペースが狭く非常にやりにくいらしいのは覚悟して・・・たしかに、一見した感じ狭い(ノ_<)

IMAG4.jpg

とにかく、電装関係いじりの基本バッテリー端子をマイナス→プラスの順ではずします。

IMAG5.jpg

では助手席側から、スペース確保のためバッテリーを降ろします。 ん、交換時期が記入してあり、もう4年以上使用してます・・・いいかげんこちらも交換になりそうです( ノД`)

IMAG7.jpg

こちら側は作業スペース十分。覗きこんで、防水カバーを左回りに回して外します。

IMAG10.jpg

内部にコネクターが見えます。これも左回しで引き抜きはずします。

IMAG8.jpg

鏡でバーナーの固定方法を確認。針金フックみたいなよくあるヤツです。バーナー左右のつまみ部分を内側につまんで引くと外れます。ここ慎重にやらないと、落っことすとけっきょくバンパーとヘッドライトを外すことにも・・・(;゜0゜)
新しいバーナーをつど鏡で確認しながら、逆の手順で取り付けていきます。

IMAG9.jpg

続いて運転席側です。同様の内容ですが、こちらは覗き込めない、手が入りにくいスペースしかありません。手鏡と指先の感覚での作業になりますので、助手席側で感覚をつかんでおいてのほうがいいと思います。

IMAG11.jpg

作業が完了して、点灯チェックします。日常的に車いじってるおかげで20分ほどで出来ましたが、不慣れだとやりにくく時間がかかるかもしれません。

IMAG12.jpg

夜間点灯確認してみます。照射光は画像よりもうすこし白っぽい感じで以前の物よりかなり明るく視認性UPしました。
カットラインも綺麗に出ています。

IMAG14 (1)

見た目の色温度はというとホント6000K??自分の基準ではフォグが6000K(やや青白光)だとすると、5500Kぐらいなのかな?純正以上6000K未満という感じです。

耐久性はこれからですが、視認性重視での交換なのでこれで良しとします(^_^)

















スポンサーサイト

タミヤ 1/12 フェラーリ312B

趣味で製作しておりますカーモデルの製作記や車いじりを書いていこうかと思います。

タミヤ1/12 フェラーリ312Bの完成記念にブログ初めてみました。


IMAG2219.jpg

これ、かれこれ2,3年前に製作を始めてたんですが、ボディーのクリアー塗装にケチってホームセンターで買った水性スプレーで塗装したがために、ゆず肌が酷く(汗) やる気も失せて放置していました( ノД`)

先日積みプラ整理中に製作途中のこれ発見!(あること自体わすれてた・・)
モチベーション上がった勢いで完成させました。

IMAG2226.jpg

サテンリボンでシートベルト、金具は洋白線とハンダで削りだして製作。

IMAG2222.jpg

コックピット内が少し寂しいかんじがしたので配管など追加してみました。

IMAG2223.jpg

このリアビューがたまらなくかっこイイ!エアファンネル以外はいったんメッキを剥がして、メッキシルバーNEXTで塗装し直して落ち着かせています。

IMAG2230.jpg

リベットの処理など考えずに塗装してしまって、研ぎ出しきれてません( ノД`)

IMAG2224.jpg

少ない資料ながら、このマシンの見せ場じゃないのか!?などと思い込み、オイルキャッチタンク周辺のホース類追加しております。

どうにか完成してみると70年代の葉巻型かっこいい!!
ただ、1/12・・でかくて展示BOXのかなりを占領しております(゚△゚;ノ)ノ





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR