FC2ブログ

グンゼ 1/24 フィアット500

おひさしぶりです^^
この時期、屋外で遊ぶ?ことが多くプラモ製作も停滞気味でしたが1台完成させてやりました。



旧フィアット500はタミヤからも出ていましたが、リア廻りの感じがグンゼのほうが好みなのでこちらを製作しました。

他の製作途中のは改造なんかで進まないので、素組み箸休めのつもりで製作したのですが。

IMAG2565.jpg

とりあえず仮組みしてみました。

アバルトのキットがベースなのでノーマル車高よりはやや低いですがこのままでいいでしょう。

IMAG2567.jpg

ボディーの下ごしらえもサッと進めて塗装しました。

色はソリッドの紺という感じに調色したものをエアブラシで吹き付けたのですが、塗料が濃かったせいでゆず肌が目立ちます^^;
なので、この後捨てクリアー吹いて#1000ペーパーで平滑研ぎしてからシャバシャバクリアー吹きで艶出ししました。

このほうがコンパウンド磨きが楽だったので、今後はこのやり方で塗装しようかな^^

IMAG2574_1.jpg

さて、このキットの内装にドア内張りがありません(ノ_<)
キャンバストップをオープン状態で製作するつもりだったので内装は少しディテールアップしました。

それっぽく最小限にドア内張り製作。

IMAG2575.jpg

丸見えの内装はフロアに100均フエルトを貼り、モールド再現だったペダル類を追加。
シートは、どういうわけかゴム素材だったので剥がれ対策にミッチャクロンを吹き付けてからブラウン塗装。

キャンバストップ幌もゴム素材なのですが、折りたたんでみても、うまく思いの形状にならなかったので0.5ミリのプラ板を熱して畳むという方法でなんとか製作しました。何個か作り直しましたが・・^^;

IMAG2576.jpg

幌のフレームもステンレスの針金でそれっぽくつけて、シャーシと合体。

こんなに車内が見えるので内装作り込んだ!というほどでもないですが、甲斐があるというものです(゚∀゚)

グンゼ フィアット500

外装小物もセッセと作りとりつけて完成です^^

気に入らなかった平面ベタ貼りだったヘッドライトは奥行がでるようにプラ板を球状に熱整形して電球がわりに虫ピンを差し込んで作り直してます。

ドアミラーはジャンクパーツから適当に作り追加してみました。少し大きいかな?ですが、これで公道を安心して走れます(笑)

IMAG2584.jpg

では、360°ビュー

IMAG2585.jpg

メッキパーツはキッチンハイターで落してからメッキシルバーNEXT吹きでトーンを落ち着かせています。

IMAG2586.jpg

ホイールはキャップを外した鉄チンふうに、タイヤは気に入らなかったので他車種の径を小さくして流用してみました。

IMAG2587.jpg

メッキを落とすとベースプラがクリアーパーツだったのでテールランプなど通常の方法で再現できます。

IMAG2588.jpg

クリアーを薄めに吹いて旧車のボディー塗装のようにと試みたのですが、これもまた難しいもんです。

さて、製作途中のも進めないとですが・・また脱線ネタが((((;゚Д゚)))))))

ということで、今回はここまで(^∇^)ノ












スポンサーサイト

アオシマ1/24 AE92カローラレビン ②

今日はタミヤ/トレノからアオシマ/レビンへパーツを移植していきます^^



この2台、メーカーも発売年もまったく違うのにボディーサイズがほぼ同寸法なんです!
こんなことってあります!?ですが好都合^^

IMAG2544.jpg

なのでこんな方法で。

タミヤ/トレノの赤枠部分を精密ノコで切り取っていきます。

ちなみに、前回はジャンクのタミヤ/トレノを使用したので躊躇なかったのですが、今回依頼者が用意してくださったのが程度極上の新品(;゜0゜)

これはこれで部品取りに使うのは気が引けますが、やっちまいます!

IMAG2545.jpg

で、こんな風に切り離し廃車になりました。

リアバンパーはボディーとの境目で丁寧に切り取り、サイドステップは精密ノコでは正確に切り離しにくいので大き目に切り取っておきます。

IMAG2547.jpg

それを卓上にベタ置きして、サイドステップの境目を筋彫り様にケガキ針で何度も筋入れ後デザインナイフで切り離しました。

このあと、アオシマ/レビンのステップ位置のデッパリを削り落してから擦り合わせ(汗)

少しずつチマチマと細かい作業ですが、ここ丁寧にやっておくと後が楽なので時間掛けます^^;

IMAG2551.jpg

それから接着。
どういうわけかぴったり同寸で収まります(;゜0゜)

時間掛けて擦り合わせたおかげで隙間なく接着できましたので、サフのみで仕上げれそうです^^

それとキットにないサイドモール。
0.3mmプラバンを1.7mm幅に細切り(先に幅のセンターにケガキ針で筋入れしてから)、フロントバンパー~リアバンパーのモールのラインに合わせてマスキングテープを貼ってガイドにして接着します。

あとでセンター溝は深く掘り直します。

IMAG2548.jpg

ボンネットのエアダクトは、じっくり位置決めできたら鉛筆で輪郭をマークしておいて接着代の内側をくりぬいておきます。

IMAG2552.jpg

で、全て接着しました。
今回は最初からマッドガード有りなので、タミヤ/トレノのバンパーごと移植、思った通り擦り合わせ後当てがってみるとほぼ同寸・・・

熱湯(80°くらい)に浸して拡がりを調整して接着しただけでこの通り・・・もう金型パクったんかな?とさえ思えてしまいます(-_-)

おかげてマッドガードも違和感なく再現できるからイイのですが。

IMAG2554.jpg

ボディー調整前に一発サフ吹きしました。

IMAG2553_1.jpg

シャーシとも合体させて。雰囲気出てきました^^

この後おかしなところはないかじっくり見ながら、塗装前のボディー調整していきます。

というわけで、今回はここまで( ̄^ ̄)ゞ























アオシマ1/24 AE92カローラレビン ①

ごぶさたしております^^

最近お手付きばかりですが、今回はこちら



以前完成させたAE92レビンですが、自分の作品を見て同様のがどうしても欲しいと言う方の熱意に押されて?
ベースキットはご用意頂き、再び製作することになりました^^;

IMAG2540.jpg

さっそく仮組みしてみました。
足回りは、キットでは下がり過ぎの車高をシャーシ側に1mmプラバンを噛まして少し上げ。
ボディーはフェンダー裏を薄く削り、タイヤは実車サイズとヒッパリに削り加工。

IMAG2542.jpg

依頼者のご指定でスパルコN1 17インチを履かせていますが、タイヤがはみ出るのでブレーキディスクとナックルの嵌め合い凸凹を削り取り、さらに微調整。

ツラいちでステアもきれるようにして、足回りはこんなもんですかね^^

つぎはボディー加工ですが、

今回はここまで(^-^)/



フジミ1/24 フェアレディS30Z ②

今日は、S30Zの続きです^^



さらに2~3回パテ盛り、ペーパー掛けを繰り返し、もうこんなものかな?

で黒サフ(#1500)吹きしました。 まずまず問題ないようです。

IMAG2518.jpg

1日あけてボディー塗装。

原作漫画の中でボディーカラーについての表現はミッドナイトブルー。
表紙絵や実写化映画のカラーなど見ていますが、今回は漫画を読んでる自分の脳内イメージカラーに近ずけようと。

クレオスのメタリックブルー+ブルー+ブラックとレッド極少量で調色したものをエアブラシで吹き付けたのですが、黒っぽさとメタリックが立ち過ぎた(汗)
なので、予定してなかったクレオス・DXディープクリアーブルーを上吹きしました。

なんとか、ほぼイメージしてた色に出来たので1日あけてクレオス・クリアーⅢをエアブラシで数回厚めに吹きました。

これでボディーは1週間以上放置します。

IMAG2519.jpg

その間に内装もリメイク。

タミヤのシートベルトを使用していましたが、ロゴシールと金具をそのままにベルトをサテンリボンに変更。

このほうが質感UPしました^^

IMAG2520_1.jpg

ついでにジャンクパーツから無かったペダルを自作追加。

IMAG2524.jpg

タワーバーとロールケージは前回自作していたのをそのまま、フロアとトランクルームに100均薄手の黒フエルトを貼ってみました。

あとは、外装の細々したパーツ類にも手をいれないとです^^;

はい、今回はここまで(^∇^)ノ




フジミ1/24 フェアレディS30Z ①

あいかわらずマイペ-スな更新です^^



今回は、フジミの1/24悪魔Zです。

十数年前にカーモデルを作り始めたころに一度作ったのですが、いまの自分の完成品から見るにあちこち至らないところが目について、再びキットを買ってボディを作り直し、内装~足回りはリメイクという内容で製作中です。

原作漫画のZのイメージでフロントグリル部を1.5mmほど上に拡げてパテ盛り~整形したところで放置していたので、続きからとなります。

IMAG2486.jpg

一度作って思ったのが、そのままのボディーに合わせてローダウンしても自分の感覚では、あまり下がった感じになりません(ノ_<)
旧車なのでそれでいいのかもしれませんが、もっと低くしたいのでアーチ上げしてやりました。

新たな試み、ヒートガンでアーチ上げ(*`へ´*)
ヒートガンの先にアーチ径に近い細さのアタッチメントを取り付け、空でスイッチオンしてアタッチメントを熱々にしておいてスイッチ切ってフェンダーアーチに押し当てて慎重に少しずつ外側へ拡げるようにして形状を作ります。

そんなかんじの加工で2.5mmのアーチ上げしました。

IMAG2487.jpg

フェンダーに合わせて足回りの加工。
フェンダーは2.5mmアーチ上げしたので、足回りはさらに4mmダウンします。

計算合わなくね?!などと思われそうですが、タイヤにフェンダーが被るくらいを想定してのなのでこれくらいかと(-_-)

IMAG2488.jpg

おそらく以前2mmほどローダウン加工してあったので、さらに4mmとなるとフロントロアアームがエンジンに食い込みます(゚△゚;ノ)ノ
ありえないですが、ロアアームが取り付く箇所を4mm掘り込みました。

IMAG2489.jpg

リア側はインナーとタイヤが干渉してしまうので、かなり削り(切り取り)込みました。

IMAG2491.jpg

サスペンションも4mm短く加工します。
リアはスプリング残ったのですが、フロントはただの棒になってしまった^^;
どうせ見えないし・・・とか思いながらも0.8mmアルミ線を巻いてフロントスプリング作りました。

こんなことしてるから時間が掛かってしまうのですが・・(汗)

IMAG2503.jpg

そして、足回りを組み込み。一見違和感ないようにみえますかね?

フロントはそのまま下げただけの組み込み方法ですが、キットのステアリングシャフトが使えずステア固定でシャフトはダミーです(笑)

リアの組み込みはナックルにφ2のプラ棒シャフトを追加してセンターデフに差し込めるように変更してしっかり固定できるようにしてます。

IMAG2502_1.jpg

そしてボディーと合体。

ボディーもサフ吹きまできてますが、先にキットのオーバーフェンダーを接着していたのがアダになって、整形にパテ盛り~削りを何度もくりかえしてます(ノ_<)

これをするならオーバーフェンダーは不要だった・・○| ̄|_

フロントスポイラーは地面スレスレになってしまったので1mmほど上げ、少し形状変更。

IMAG2501.jpg

サイドビュー。
かなりの低車高になりました(^∇^)

最高速300Km超のZなのであえて引っ張りタイヤにせず、フェンダー裏を削って履かせています(笑)

ボディーももう少し調整が必要ですが、一気に完成に持ち込みたいところ・・・ですが、どうなることやら^^;

今回はここまで(^∇^)ノ

















検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR